自由日記

自由に記していく生活の中の日記

MENU

任意保険には必ず加入しておくこと

自動車保険には、大きく分けて自賠責保険と任意保険との2種類があります。それぞれの保険について簡単にご説明します。

 

まず一つ目の自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険といい、車を運転するすべてのドライバーが加入を義務付けられている保険です。

 

車を購入した時や車検の際に自動的に加入する形になっています。自賠責保険に未加入の場合や、期限がきれたまま運転していた場合には、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金が科せられます。この自賠責保険は、事故が起こった場合に、被害者側が最低限の補償を受けることができるようにするという考え方のもとに義務付けられた保険です。

 

ですから人身事故の場合にのみ適用され、ドライバー自身の怪我や車に対しては補償されません。

 

もう一つの任意保険は、字の通り加入するかしないかは任意となっている保険です。自賠責保険に入っているから任意保険は入らない…と考えるドライバーも多いのが実状ですが、任意保険は自賠責ではカバーしきれない部分を補ってくれる大切な役割も担っています。

先に述べたように、自賠責は相手方の怪我や死亡時などに補償される保険です。ですが実際には事故などが起こった場合には、相手方の車や自分自身の車への補償、そして自分自身の怪我などの治療費などが必要になるケースもあります。

 

その際に、任意保険に入っていない場合にはすべて自己負担となるのです。任意保険の加入率はおよそ70%程度だと言われています。万が一の事故に備えて、任意保険へ加入することが望ましいでしょう。

 

加入の際には自分の運転の頻度や運転する距離・家族構成などライフスタイルに合わせた保険を選ぶことが必要です。任意保険は対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険・車両保険・人身傷害補償保険・無保険者傷害保険・自損事故保険などの種類があります。どの保険が自分にとって必要なのか十分に検討し、必要な保険にしっかり加入するようにしましょう。